To VIM or not to VIM. The decades old text editor inspires avid devotion or utter hatred. I fell into the latter camp.

However, now that I’m experimenting with the Raspberry Pi for some hardware projects, it’s obvious I need something with more features than the nano editor. VIM pretty universal, will run in a terminal, or a non-GUI linux, and is undeniably fast editing once the steep learning curve is overcome.

So here are some of notes on VIM – particularly,setting up syntax highlighting with a nice colour scheme – a first step in making VIM palatable to my GUI insticts.

Colour Schemes

If I’d spent half the time learning VIM as I’d spent trying to customise the colours, I’d be a VIM Jedi already.

Good Schemes

http://www.vimninjas.com/2012/08/26/10-vim-color-schemes-you-need-to-own/

I particularly like solarized

On Windows (Putty)

If you want any chance of getting the genuine Solarized colors working in VIM through Putty, the colours in Putty must be changed.

The easiest way to do this is with this reg file which sets up some sensible defaults for Putty, including the solarized dark colours

You will need to recreate any existing sessions to get the new defaults

On The Raspberry Pi

Connect and login using Putty. Your shell session will already have the new colour scheme

sudo apt-get install vim
cd ~
mkdir .vim
cd .vim
mkdir colors
wget https://raw.github.com/altercation/vim-colors-solarized/master/colors/solarized.vim
vim
:e $HOME/.vimrc
i     (insert mode)
syntax enable
set background=dark
colorscheme solarized
:wq!      (save and close)

Now to add my VIM config to source control, we copy it to the .vim folder and symlink it first

cd ~
mv .vimrc .vim/.vimrc
ln -s .vim/.vimrc .vimrc
cd .vim
git init
ls -la         (shows hidden files)

Configure GIT
git config --global user.name "your full name"
git config --local user.name "your full name"
git config --global user.email "your email id"
git config --local user.email "your email id"
git config -l

still in the ~/.vim folder…

git add .
git commit -m "Initial commit of my vim configuration"
git remote add origin https://github.com/GregWoods/.vim

//had to do a git pull first
git pull https://github.com/GregWoods/.vim
git push origin master

 

My VIMconfiguration is now on github.

To install my Vim Config onto a new server…

cd ~
git clone https://github.com/GregWoods/.vim.git .vim
ln -s .vim/.vimrc .vimrc
 

 

 

11 Responses to Syntax highlighting in VIM on a remote RaspberryPi

  1. ??????? says:

    It’s really a nice and helpful piece of info. I am happy that you
    just shared this useful info with us. Please stay us up to date like
    this. Thank you for sharing.

  2. !これは、この問題について調べる個人の多くを助けることができます。あなたはこれらと一緒にビデオクリップを組み込む必要がありますか?それは間違いなく助けることができます。あなたの動機は、その場で、あなたのためでした。私が最も可能性が高い文句を言わない私の仲間にあらゆる小さい事を説明する必要があります。私は単にここにそれらを指示することができます。とにかく、私の言語で、このような多くの良い情報源はありません。長期のためのいくつかの計画を立てるために現在その良好なタイミングを

  3. 私は継続的に私を助けることができる記事をオンラインで探しています。どうも!偉大なポストを

  4. と私は排他的に非常にジレンマを表現になって、彼はしばしばあなたはどのあなたがすることをように努めて持っています。デザインの経験使用してこれはにもかかわらず鮮やかであることを起こる内通常、どのような提案 I ‘M。私は単にこの時点で彼女の遭遇を示すために| ベースのWebインターネット俺の友達の私を送りました。 1時間あなたのインターネット無視サイトすなわち見つかりました自身節約とも求めてされます、それ実際紙あなたの最新情報を読むためにについて自分自身を教育するために純粋には} {見つかったです!

  5. 、私が言わなければならないべきで。めったに私はブログを発生しません本当に教育的で楽しいの両方のことを、わたしはあなたを通知してみましょう、あなたは頭の上に釘を打ったんです。あなたの考えは抜群です。 問題 男性と女性の人についてインテリジェント話している十分ではありませんが何かあります。この事に関して| 1 1 実際にはかなり非常に私は私を求めるにこの全体つまずいていることを喜んで、私は思います。世界と私たちは自分自身を恥じる私はAsswipeが戻っ{あなたasswipingのお尻を取得し、あなたのためのニュースを持ってする必要があります | との HES itiaenため

  6. |をするが、その興味深い読み取ります。ヴィーノCerratiこれは、方法によって魅力的な記事であるhuan​​hangrn。私は先に行くと今夜に後で読むために私の弟のために、この記事を保存するつもりです。細かい作業をしてください。このことについて話をする時間を割いて

  7. あなたは今まであなたが遭遇するこのようなもののいくつかをポスト誰疑問がありますか?正直なところ、インターネットは最近、より良いなっているようだということを除いて、別の場所のように使用されます。あなたの考えは何ですか?そのようなあなたはここに述べたものと

  8. 。私はちょうどあなたのサイトにつまずいたと私は実際にあなたのウェブサイトの記事を読んで楽しんでいることを言いたかったです。どのような方法は、私はあなたのフィードを購読することだろうと私はあなたがすぐに再度投稿したいと考えています。イムイライラうわー

  9. ???????www.m9sf.com?????????????QQ1292124634
    ????????sf??www.2pk1.comQQ1285574370 http://www.2pk1.com/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>